落合楼は伊豆半島を流れる狩野川の起点、本谷川と猫越川の「」落ち合う」場所にあり、明治14年に、逗留中の山岡鉄舟が宿の庭から川の落ち合う様子を眺め「落合楼」と称したのが由来となっております。明治七年に足立三敏が、本谷川と猫越川(ねっこがわ)が合流して狩野川の起点となる当地に旅館業を営み「眠雲樓」と称したのが眠雲樓落合楼の創始です。

明治十四年には、逗留中の山岡鉄船が庭内で川の合流する様子を見て、川の落ち合う地に建つ旅館ということから「落合楼」と命名し、以降、落合楼の名称が用いられてきたと伝えられています。昭和八年、落合楼では玄関を始め本館が建築されている。昭和十二年までに、眠雲亭や紫檀宴会場およびそれらを繋ぐ配膳室階段棟などが順次建築され、旅館の中枢部分である本館の基本が整いました。

昭和十年一月には、北原白秋が20日余り滞在して歌作に専念してたという記録があります。
建物のうち玄関を含む本館の一部と眠雲亭は、昭和8年から12年にかけて建てられました。
良質の建築材をふんだんに使った贅沢な造りになっており、国指定登録有形文化財に指定されております。

客室数 14室全室バス・トイレ付(収容人員56名)
お風呂 大浴場(内湯)、天狗の湯(露天風呂)、貸切露天風呂(要予約)
入浴時間 15:00~翌10:00
宴会場 紫檀の間:108畳/梅1:36畳/梅2:59.4平米/梅3:36畳/竹1:15畳/竹2:15畳/竹3:15畳
菊1:15畳/菊2:15畳/菊3:15畳/しゃくなげ:10畳+10畳
施設 眠雲橋、ロビーラウンジスワン、テラス、売店、完備

玄関

一歩足を踏み入れると静かな別世界が始まります。

フロント

モダンな雰囲気が漂うフロントスペース

メインロビー

伝統の日本建築とモダンさが調和したメインロビー。

売店

地元の特産品や調度品、雑貨等旅の思い出にどうぞご利用くださいませ。※売店の営業時間は8:00からとなります。

ラウンジ

冬には薪ストーブの優しい火のぬくもりに包まれ夏には流れる川音を聞き、ゆったりとお過ごしいただけます。

読書室

川端康成の「伊豆の踊子」など舞台となった天城の自然の中で思う存分文学に浸ってみるのはいかがでしょう。

エステルーム

お風呂上がりやお休み前にゆったりとお愉しみください。
エステメニューはこちら

大広間 紫壇の間

贅を凝らした造りとモダンなデザインは、重厚感があり凜とした雰囲気を醸し出しております。

梅の間

各種ご宴会の会場となります。

階段棟

こちらの階段棟は有形文化財に指定されております。

ダイニング「しゃくなげ」

和のコンシェルジュが元気一杯対応します。

我楽多亭

狩野川の渓流がご覧いただけます。