節分

更新日時:2012年01月30日

節分


季節を分ける『節分』。
季節の変わり目には、「邪気(鬼)」が現れると言われ、
2月3日の節分に豆撒きする意味は、「魔滅」に通じ厄払いとなるそうです。

落合楼村上では、節分までにご宿泊頂いたお客様へ、
お客様の「厄払い」や「魔滅」を願い、

『福豆』

をお帰りにプレゼントしております。

鬼はーそと、福はーうち!!


季節の設え2nd『赤鬼くん』

更新日時:2012年01月21日

季節の設え2nd『赤鬼くん』


今年もまた、福を呼ぶ『赤鬼くん』が落合楼村上に来てくれました。

赤鬼くんからのメッセージです。

『2月3日の節分まで、ボクは『落合楼村上』の何処かに居るから見かけたら角を撫でてね』

とのことです。

ご来楼の皆様、赤鬼くんを見つけて角を撫でると福が来る様です。

季節の設え『立春大吉』

更新日時:2012年01月19日

季節の設え『立春大吉』

正月も15日を過ぎましたので、そろそろ正月飾りは撤収致します。

替わりの設えは・・・?

『立春大吉』

です。

落合楼村上では、日本古来から伝わる季節の感じ方を、ご来楼のお客様に味わっていただ事に、今後ともこだわって行きたいと願っております。

落合楼村上の初夢アイテム『宝船のお札』

初夢は江戸時代から伝えられる、おめでたい日本の文化です。
一般には今日1月2日に就寝して見る夢が「初夢」とされているようです。
江戸のころは2日の宵に「お宝〜、お宝〜」と宝船を描いた紙を売り歩く声がしたそうです。
紙に書かれた文字は、前から読んでも後ろから読んでも同じ言葉。
どこから見ても「良き夢」と洒落たところは、さすが江戸と感心いたします。

落合楼村上では、江戸時代から伝わるおめでたい日本の文化を今に残すこだわりとして、お休み前に『宝船』のお札を、お客様はもちろん全社員さんへも渡しています。

このお札を枕の下へ入れてお休みいただければ、素敵な初夢『一富士二鷹三茄子』が見られる事でしょう。

因みに宝船には、

『なかきよのとうのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな」
[長き夜の 遠の眠りの みな目覚め 波乗り舟の 音の良きかな]
(長い夜の深い眠りも今はもう目ざめて、新年らしいおめでたい宝船の音のなんと心地よいことか)

と書かれております。