しろばんば

更新日時:2015年11月30日

しろばんば

別名;雪虫

井上靖先生の自叙伝のタイトルにもなっている、アブラムシ科の昆虫。

今年、北海道の白老町では大量発生したそうで、Yahoo画像検索したらシルクスクリーンの様に視界が半透明になる程の画像が掲載されていました。

毎年11月中旬頃から12月初旬頃に玄関前を飛び回り、お客様のお見送りのお手伝いをしているかの様です。
白老長途は対照的に、今年は気のせいか前年に比べ少ない様に感じましたが、
やはりチラホラ見かける程度が、情緒的で良いですね。

今まだ、明け方から午前中の気温が上がる前迄、見つけられると思います。
手のひらに載せて観察すすると可愛い奴ですよ。
しろばんば
明け方、猟犬に襲われて逃げ切って川へ飛び込んだ様です。
しばらく倒木の影に隠れていましたが、役所の捕獲班が到着した時、
泳いで上流へ逃げて行きました。

子鹿でも泳ぎ方は、犬掻きでした。
20140727-dsc_0004.jpg

節分

更新日時:2012年01月30日

節分


季節を分ける『節分』。
季節の変わり目には、「邪気(鬼)」が現れると言われ、
2月3日の節分に豆撒きする意味は、「魔滅」に通じ厄払いとなるそうです。

落合楼村上では、節分までにご宿泊頂いたお客様へ、
お客様の「厄払い」や「魔滅」を願い、

『福豆』

をお帰りにプレゼントしております。

鬼はーそと、福はーうち!!


季節の設え2nd『赤鬼くん』

更新日時:2012年01月21日

季節の設え2nd『赤鬼くん』


今年もまた、福を呼ぶ『赤鬼くん』が落合楼村上に来てくれました。

赤鬼くんからのメッセージです。

『2月3日の節分まで、ボクは『落合楼村上』の何処かに居るから見かけたら角を撫でてね』

とのことです。

ご来楼の皆様、赤鬼くんを見つけて角を撫でると福が来る様です。

季節の設え『立春大吉』

更新日時:2012年01月19日

季節の設え『立春大吉』

正月も15日を過ぎましたので、そろそろ正月飾りは撤収致します。

替わりの設えは・・・?

『立春大吉』

です。

落合楼村上では、日本古来から伝わる季節の感じ方を、ご来楼のお客様に味わっていただ事に、今後ともこだわって行きたいと願っております。