今年も『能を愉しむ会』の季節となりました。
おかげさまで回を重ねる事、10回目。
節目の年の本年の内容は、

1「能の身体の世界」・・・・・・・・・青木道喜(あおきみちよし)
  舞台空間を支える身体の技法
  立つ 構える 舞う そして「何もせぬ」身体とは

2「音の世界 能の太鼓」・・・・・・・金春流 太鼓方 前川光範(まえかわみつのり)
  太鼓の道具としての特長 太鼓の役割とリズム

3「能の表現」・・・・・・・・・・・・青木道喜
  能の身体と太鼓がコラボすれば
  能「砧(きぬた)」の後場の部分実演

4「能装束〜コスチューム〜の世界」
  「砧」後シテの装束着付け
  装束を着たお客様の即興稽古による「砧」実演
  地謡:青木道喜 太鼓:前川光範

今回は、「砧(きぬた)」の装束着付けや、金春流 太鼓方 前川光範氏をお招きいたします。
ぜひお誘い合わせてお越し下さいませ。
20130126-201301241512381.jpg