『能を愉しむ会』盛会報告

更新日時:2012年02月06日

能を愉しむ会

おかげさまで、落合楼村上 新春文化展 第9回『能を愉しむ会』を盛会のうちに終了させていただきました。
初めてご参加いただいたお客様からも、『大変感動致しました。』とのお言葉を頂戴し、お招きした青木先生並びに吉阪先生共々幸いでございました。

昨年までの8年間(8回)は、青木先生のみでしたが、今回は、大倉流 小鼓方の吉阪一郎様もお招きし、小鼓の魅力を存分にお話し頂き、また、青木先生オリジナル作品『永訣の朝』の一部を一調で詠っていただいたり、『詠い』と『シャンソン』の比較として、五輪真弓さんの「恋人よ」を、詠いバージョンを同じく一調で披露していただき、『能』の奥深さや『詠い』の斬新さを肌で感じていただけました。


能を愉しむ会

鑑賞のみの参加も可能です。(1,500円税込み)
本日中、お電話にてお申し込み受付致しております。