8月2日にもヴァイオリン&ピアノ ラウンジコンサート開催決定


何故か最近、落合楼村上では音楽づいていますが、
元々意図して開催をしたのは、7月3日に開催した「奇跡のピアニスト・長井充」の
ラウンジコンサートだけでした。


明後日のニューヨーク・シンフォニック・アンサンブルの木管8重奏 
ミニコンサートと、8月2日のフレデリックベッドナーズ&平塚夏生 
ラウンジコンサートは、それぞれ貴重なご縁から開催が決まったものです。

8月2日のフレデリックベッドナーズ氏と平塚夏生様のヴァイオリン&ピアノ 
ラウンジコンサートでは、これまた貴重なご縁から特別にお譲り頂いたグランドピアノ
(中古ですが)のお披露目も兼ねております。

8月2日は、カナダからわざわざプライベートでご来楼いただいている
フレデリックベッドナーズご夫妻のご厚意で、開催が決まった次第です。

ラウンジコンサートですので、宿泊のお客様も含め限定30席です。

どうぞ、ご宿泊に限らず、ご夕食でのご利用でも結構ですので、
ご興味のある方は是非、お出掛けください。ご予約お待ちしております。


フレデリックベッドナーズオフィシャルサイトから抜粋

『フレデリックベッドナーズの活動は多岐にわたる。
ボストン、カンザスシティー、そしてニューヨークのメルキンホールや
カーネギーホールでの演奏、南米、ヨーロッパの各地でのコンサート、
ソロイストとしては、アンサンブルアメリカ、オシア、
アトランティックシンフォニー、ロンジー室内オーケストラ、
バッハフェスティバル、オタワ室内オーケストラ、
モントリオール室内オーケストラ、モントリオールシビックオーケストラなどと共演。

一方、室内楽の演奏でも好評を博し、アンソニーマーウッド、リチャードレスター、
ジュリアスベーカー、オレクリサ、マルコムロウ、イング四重奏などと共演。

演奏は CBC、NPRなどのラジオで広く放送されている。
一方、カナダレーベル21、アルバニーレコードでCDを作成。

Prix d’Europe, the Marseille International Competition, the Val Tidone International Competition で優勝。多くの評論家に高く評価されている。

イーストマン大学大学院でオレクリサに師事、修士号を取得。
現在、モントリオ ールに妻の夏生(なつき)と在住。

モリナリ弦楽四重奏のメンバーとしてカナダを中心に活躍。』


木管8重奏ミニコンサート(7/30)席数あと僅かです。


いよいよ今週金曜日に迫ってまいりました。
予定している席数に若干の余裕がありますので、ご興味のある方は、
予約係までご一報下さい。


木管8重奏ミニコンサート in 落合楼村上 開催決定


皆様、昨日ご案内した「ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル」の
メンバーの中で、木管8重奏の担当メンバー8名が弊楼に宿泊しながら
ミニコンサートを開いてくれる事が決定しました。

日時:7月30日(金)
   20時30分開場 20時50分開演(21時40分終了予定)
会場:落合楼村上 紫檀の間
演奏:ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル 木管8重奏
曲目:モーツァルト セレナーデ ハ長調 k.388 ナハトムジーク
   ベートーベン 八重奏 変ホ長調 Op.103
入場料:ご宿泊、夕食ご利用のお客様は無料、
天城湯ヶ島温泉郷にご宿泊のお客様も無料、一般は、1,000円


●定員になり次第締め切らせて頂きます。