福の神から春の便りが届きました。

更新日時:2010年02月26日

福の神から春の便りが届きました。

弊楼の今月のお料理の前菜には、伊藤麻沙人先生に作陶していただいた、『福の神より』の器が使われております。
封筒の形をして、差出人が『福の神より』と書かれている、とっても素敵な作品です。
(注)献立内容によっては、『福の神より』の器でない場合もございます。

福の神から春の便りが届きました。

伊藤麻沙人先生プロフィール
1950年、東京生まれ
1975年、東京芸術大学大学院陶芸専攻修了
後、鎌倉山「檑亭」にて13年間にわたり、和食器づくり、および研究に取り組む。
1978年、日本伝統工芸展に初入選。
1983年、日本工芸会正会員となる。
1987年、神奈川県秦野市に移転築窯。
食器中心に作陶を続け、日本橋三越、大阪梅田阪急ほかで、個展を重ねる。