節分

更新日時:2012年01月30日

節分


季節を分ける『節分』。
季節の変わり目には、「邪気(鬼)」が現れると言われ、
2月3日の節分に豆撒きする意味は、「魔滅」に通じ厄払いとなるそうです。

落合楼村上では、節分までにご宿泊頂いたお客様へ、
お客様の「厄払い」や「魔滅」を願い、

『福豆』

をお帰りにプレゼントしております。

鬼はーそと、福はーうち!!


ボンネットバス「伊豆の踊子号」で、めぐる日帰りツアー

早春の修善寺・天城をボンネットバス

「伊豆の踊子号」

でめぐる日帰りツアー

が、東海バストラベル中伊豆さんで企画されました。

黄八丈姿の踊子(ガイド)さんが皆様をご案内致します。

第22回河津桜まつりのご案内

更新日時:2012年01月27日

毎年2月から開催される伊豆のメインイベント「河津桜まつり」。
20120127-20120118-201201181-01.jpg

濃いピンクと大きな花が鮮やかな河津桜は、現在町内に8000本、
気持ちが華やぐピンクの桜トンネルや幻想的な夜桜をお楽しみいただけます。


春の息吹を感じさせるこちらのイベントには毎年、全国から
多くの観光客で賑わいをみせております。


開催期間中には様々なイベントもも用意されております。


【開催時期】
2012年2月5日(日)~3月10日(土)

【イベント内容】
◆河津桜オープニングイベント
日時:2012年2月5日(日) 9:00~10:00
ミス伊豆の踊り子他によるテープカットや式典などがあります。
場所:「河津桜観光交流館」

[特別イベント]

◆“ふじのくに”B級グルメ大集合!
日時:2月10日(金)~12日(日)
場所:実行委員会普通乗用車駐車場No.7内(大型1駐車場横)

前回伊豆各地のB級ご当地グルメのお店が一堂に会して実演販売をしたイベントが、
今年は静岡県内の地域に幅を広げて開催します。
ぜひお目当てのグルメを見つけて下さい。


◆河津町商工会賛助店 出店コーナー
日時:期間中毎日 9:00~17:00

河津町民による販売コーナーです。地場の農作物や海産物、またはそれらを
加工した商品など。見てるだけでも楽しいです。
観光交流館近くの大型駐車場近くに出店。


◆桜並木ライトアップ
日時:期間中毎日 18:00~21:00
場所:館橋から浜橋(河口)迄300m、峰温泉の河津桜トンネル、河津七滝ループ橋3ヵ所と名木(上条の桜、車の桜、音蔵の桜、豊泉の桜、かじやの桜、今井浜の桜)の6ヶ所。

昼間とは違った夜の幻想的な河津桜が楽しめます。

◆伊豆の踊り子との記念撮影 ※期間中土日のみ
日時:期間中の土曜・日曜・祭日 10:00~16:00

「伊豆の踊り子」と記念撮影はいかがですか(無料)。
笹原公園の「さくらの足湯処」付近にいます。


◆河津桜ミニコンサート(無料)
日時:2月25日(土)/26日(日)
場所:峰温泉川沿い桜並木周辺・来宮神社(予定)

※雨天の場合変更になることもあります。

◆第14回河津桜ツーデーマーチ
日時:2012年2月11日(土)、12日(日)の2日間

伊豆早春フラワーウォーキングイベントの1つ。
10㎞・20㎞・30㎞のコースがあります。
会場:河津南小学校体育館


この時期伊豆におすすめのイベントです。
伊豆で春の息吹を一足早く感じてみませんか?

是非ご利用くださいませ。


⇒2月の空室状況はこちら



辻輝子コレクション モラ展

更新日時:2012年01月27日

20120127-moramora1_r1_c1.jpg

一枚一枚、丹精込めて作りこまれた異国の民族芸術。
モラ作りに没頭してた素朴な時代の一品が落合楼を彩ります。
今回、辻先生のご好意で貴重なコレクション数十点を展示させて頂きます。

どうぞ温泉やお料理をお愉しみいただきながら、お泊りでごゆっくりご覧ください。
皆様お誘い合わせてのお越しを心よりお待ちしております。

期間 : 12月1日(木)~2012年4月30日(月)
会場 : 落合楼村上
開館時間 : 12時00分 ~ 16時00分
注)宿泊者限定拝観日並びに、昼食休憩可能なお日にちなど、詳細は下記『開館スケジュール』をご覧下さい。
12月の開館スケジュールは下記をご参照下さいませ。

【モラ展 開催カレンダー】

■伊豆箱根鉄道『駿豆線』でご来楼のお客様へ■
運行状況が通常と異なる場合がございます。
運行ダイヤは伊豆箱根鉄道様のホームページをご確認下さい。

日本の宿を守る会について

更新日時:2012年01月27日

20120127-kanban.jpg

高度経済成長時代で、旅館はホテルと名を変え、増築を競い、
収容人数を拡大することで旅行者の受け入れに対応していましたが、
気がついてみると途方もなく大きな旅館になり、日本独自の旅館建築の伝統や、
信条であるもてなしなどは置き去りになっていたのでした。

 そして、旅行経験を重ねられたお客様から、部屋も料理もどこへ行っても
同じだといわれるようになったのです。これではお客様の旅行にお応えする
旅館の意義がない、何のための旅館業であるかと、心ある仲間で苦しんでいた
昭和57年に、朝日旅行会の創業社長であった岩木一二三氏の提案により
「日本の宿を守る会」を発足させたのです。
 木を基調とした旅館建築の伝統、品性やもてなしを信条とする日本の旅館文化を
維持し、日本の宿の良さを互いに啓発、研究し合おうとする会です。
 施設の整備、料理やもてなしの研究、従業員の教育にも精進し、
お客様の旅目的が、私たち日本の宿を守る会の宿に泊まることにあると、
泊まったことに意義があったと喜んでいただける宿になりたいと念願しております。

「日本の宿を守る会」加入条件抜粋
第三条  この会の会員となるには次の条件を具備していなければなりません。
各部屋や館内のどこかに日本古来の木の文化を保持していること。
経営者が日本情緒の理解者であるとともに、そうした経営に徹した理念の持主であること。
接遇や料理の面においても、前項に合致した情緒と品性を持つものであること。

日本の宿を守る会では「日本の宿スタンプ帳めぐり」を実施中でございます。
3年間で10個のスタンプをためると、一泊の無料招待券をプレゼント!
スタンプ帳は、「日本の宿」会員の最初の宿泊先で、お申し出下さい。

~~~日本の宿を守る会からのお願いです~~~
旅館独自で展開する「特別料金プラン」、増改築による
「棟やお部屋などの違い」など、日本の宿スタンプ帳対象外の宿泊もございます。

日本の宿スタンプ帳捺印対象プランはこちら

20120127-b_yadoya.jpg

披露宴のご案内

更新日時:2012年01月27日


通り一遍、派手な演出はございませんが
温泉に浸かり、ご家族様、ご親族様、お仲間に囲まれ
文化財の旅館 落合楼村上を貸切にして
佳き日を和気あいあいとお過ごしくださいませ



今までご利用頂きましたお客様のなかには
全員浴衣での披露宴をされた方や、
結婚10年目に披露宴をされたご夫婦、
ご友人だけをお招きして20名の会費制披露宴など、
皆様思い思いのご披露宴を愉しまれております

落合楼村上では、出来る限り
ご希望に添えますようお話をお伺いさせて頂いております

お気軽にお問い合わせ下さいませ
TEL 0558-85-0014

ホームページリニューアル

更新日時:2012年01月27日

20120127-img_list01.jpg

落合楼村上の公式ホームページがリニューアルしました

これからも落合楼村上をご愛顧くださいますよう
よろしくお願い申し上げます。
第9回 落合楼村上 文化展「能を愉しむ会」ご案内

今年もまた、「能を愉しむ会」の季節となりました。

お陰様で、会を重ねること9回目(9年)となりました。

今年は、観世流 シテ方 青木道喜氏の講演の他、能楽小鼓方 大倉流 吉阪一郎氏もお招きして、より一層賑やかな会となります。



チラシ内のご案内にはありませんが、観覧のみ(昼食無し)希望の場合は1,500円(税込み/要事前予約)にてご参加いただけます。



ご興味のあります方は、下記までご連絡下さいませ。



落合楼村上 「能を愉しむ会」係り



代表電話 0558-85-0014

メール問い合わせ info@ochiairou.com



「能を愉しむ会」専用プランのご案内

※ご予約は1月31日まで(但し、観覧のみの方のご予約は満席になり次第予約受付終了)



基本プラン : お一人様 5,250円[昼食付き]

受付12:00より/昼食12:30より/開場13:30



ゆったり夕食プラン : お一人様 15,750円

能を愉しむ会の後は、温泉に浸かり、ゆったりとご夕食をお愉しみください。

チェックイン13:00/チェックアウト21:00
・能を愉しむ会参加費、ご夕食代、温泉ご入浴ご利用代が含まれております。(昼食代別)



能を愉しむ会お泊まりプラン : お一人様 26,250円

・1部屋2名様以上でご利用の場合です。

・能を愉しむ会参加費が含まれております。(昼食代別)

季節の設え2nd『赤鬼くん』

更新日時:2012年01月21日

季節の設え2nd『赤鬼くん』


今年もまた、福を呼ぶ『赤鬼くん』が落合楼村上に来てくれました。

赤鬼くんからのメッセージです。

『2月3日の節分まで、ボクは『落合楼村上』の何処かに居るから見かけたら角を撫でてね』

とのことです。

ご来楼の皆様、赤鬼くんを見つけて角を撫でると福が来る様です。

読むと元気になる『週刊 モーニング』に掲載されました。

弊楼ブログ及び、facebookをご覧いただいている皆様へ
毎週木曜日(昨日発売) 講談社から発売されている、モーニング No.8をご覧下さい。
『社長 島耕作』弘兼憲史先生のコメントとして、過分なるお褒めのお言葉を頂戴致しました。
感謝!!感謝です。!!

季節の設え『立春大吉』

更新日時:2012年01月19日

季節の設え『立春大吉』

正月も15日を過ぎましたので、そろそろ正月飾りは撤収致します。

替わりの設えは・・・?

『立春大吉』

です。

落合楼村上では、日本古来から伝わる季節の感じ方を、ご来楼のお客様に味わっていただ事に、今後ともこだわって行きたいと願っております。

落合楼村上の温泉成分分析書

更新日時:2012年01月18日

落合楼村上の温泉成分分析書


温泉法により温泉成分の定期的な(10年以内)再分析が義務図けられていますが、弊楼はちょうど今年が10年目に当たりますので、昨年11月に再検査を致しました。その結果が年末に届きましたので、皆様にご案内致します。

成分分析書をご覧いただければ一目瞭然ですが、弊楼の温泉の特徴は、
陽イオンは、カルシウムイオンとナトリウムイオン多く、
陰イオンは、硫酸イオンが多い、
『カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉』という泉質です。

硫酸イオンが血管を拡張し、血液の流れをよくする効果があるそうで、高血圧症・動脈硬化・糖尿病・皮膚病・打撲・筋肉痛・関節痛・不眠症・便秘・切り傷・痛風等に効くとされています。
尚、『硫酸塩泉』は、硫酸イオンがお肌に潤いをあたえるといわれており、保湿・美肌効果もあるということで、

『美肌の湯』

とも称されています。

HANAKO No.1010「温泉天国」に載りました。


1月6日発売のHANAKO No.1010に、落合楼村上が掲載されました。
皆さん、是非、買って見て下さい。

伊豆の国パノラマパーク

更新日時:2012年01月09日

伊豆の国パノラマパーク

伊豆の内陸から駿河湾と富士山が見える場所は、ココだけでは?
以外と知られていない観光スポットの穴場的存在。

営業の方からロープウェイ乗車券(往復)を2名分頂きましたので、
オフィシャルブログ&facebookをご覧の皆様へプレゼント致します。
2名分(枚)のみなので、応募者多数の場合は抽選とさせて頂きます。

尚、応募資格と致しましては、ご利用後にご自身運用のブログや
facebook等へ感想を書き込んでいただける方に限ります。

ご希望の方は、住所・氏名・連絡先を

info@ochiairou.com

へご連絡頂けますと幸いです。

富士山静岡空港<=>台北(桃園空港)間、定期便3月就航

今年3月より、中華航空が、富士山静岡空港<=>台北(桃園空港)間の定期便を就航させると発表がありました。
詳細は、以下。

運行開始日 3月25日(日)
運行日   火曜日・木曜日・日曜日
運行時間  CI 169便 静岡発20:00 => 台北着22:30
      CI 168便 台北発15:20 => 静岡着19:00
機材    ボーイング737−800
座席    ビジネスクラス    8席
      エコノミークラス 150席

台湾からのインバウンドのお客様が、静岡IN=>関西方面/関東方面OUT、またその逆のルートでの旅程を組んでくれる事を期待したいですが、静岡着時間が19:00だとすると1日目の宿泊地は殆ど静岡市内近辺となりそうですね。
1日目を県内温泉地とする旅程だと、初日は1泊朝食(夕無し)のパターンになるのでしょうかね。
ちっと、静岡到着便の時間が中途半端なところがきになりますが・・・。

平成24年1月29日 井上靖追悼事業『あすなろ忌』


今月29日(日)に、湯ヶ島縁の文豪 井上靖先生の追悼事業が行われます。
当日は、天城会館劇場ホールにて、かたりすとの平野啓子さんによる『湯ヶ島朗読会』が開催されます。
朗読作品は、「しろばんば」他。
入場は、無料(全席自由)ですので、ご興味のある方は是非ご来場下さいませ。


落合楼村上の初夢アイテム『宝船のお札』

初夢は江戸時代から伝えられる、おめでたい日本の文化です。
一般には今日1月2日に就寝して見る夢が「初夢」とされているようです。
江戸のころは2日の宵に「お宝〜、お宝〜」と宝船を描いた紙を売り歩く声がしたそうです。
紙に書かれた文字は、前から読んでも後ろから読んでも同じ言葉。
どこから見ても「良き夢」と洒落たところは、さすが江戸と感心いたします。

落合楼村上では、江戸時代から伝わるおめでたい日本の文化を今に残すこだわりとして、お休み前に『宝船』のお札を、お客様はもちろん全社員さんへも渡しています。

このお札を枕の下へ入れてお休みいただければ、素敵な初夢『一富士二鷹三茄子』が見られる事でしょう。

因みに宝船には、

『なかきよのとうのねふりのみなめさめなみのりふねのおとのよきかな」
[長き夜の 遠の眠りの みな目覚め 波乗り舟の 音の良きかな]
(長い夜の深い眠りも今はもう目ざめて、新年らしいおめでたい宝船の音のなんと心地よいことか)

と書かれております。